メインイメージ画像

骨董品の買取には丁寧な扱いをすることが必要です

下取り価格はそれぞれ異なります。物の下取り金額は、状態や清潔感などに影響されます。一目見て印象が良い物の方が、その額は高くなる事が多いです。そして骨董品の買取でも、それは同じです。通常汚れなどが少ない骨董品の方が、高価格で売れる傾向があります。そして骨董品の買取を行っている人達は、金額の高さを重視している事が少なくありません。

ですから高価買取を目指すのであれば、買取店に品物を持って行く前に拭き掃除などを行う事が大切になります。ただし骨董品などは、やや繊細な物もあり、拭き掃除の為に、傷が発生する危険があります。それが原因で買取金額が少なくなることもあるので、傷などが発生しないよう気を配る必要があります。

特に家電製品の買取では、付属品の有無が重視される事が多いです。いわゆる説明書やケースなどが付いている商品は高額で取引される傾向があるのですが、骨董品の場合もそれは同様です。骨董品の場合は説明書というよりも、箱や袋などが重要です。

骨董品の包装紙などが残っていると、買取金額は高額になるトレンドがあるのです。また保証書なども、買取額に大きく影響します。したがって包み紙や保証書などが一緒に残っていると、骨董品の買取金額も高めになります。

それと品物によっては、ほとんど使われていない物もあります。いわゆる未開封状態の商品で、その箱の開閉などが買取金額に大きく反映するのです。箱が1回でも開けられると、買取金額は下がるトレンドがあります。

したがって一度も使ったことが無い品物の場合は、開封せずに査定を依頼する方が無難です。

そして骨董品の買取では、お店によって異なることもあります。例えばお店Aが評価した買取金額は1万円前後ですが、お店Bでは13000円と呈示された場合です。手数料などの要因でお店によって買取金額に差が発生するので、買取額の高さを希望するのであれば、お店選びなども1つのチェックポイントになります。その理由で複数の骨董品の買取店で鑑定を受けている人々も非常に多いです。

更新情報

ody>